夏祭り

50年も続いた夏祭りも、時代の流れでしょうか、今年で最後になりました。
小さな町会から始まった地蔵盆が、時代と共に、マンションが建て替えられて老若男女、人の数も大幅に増え、それと共に夏祭りも段々派手になりました、
それもつかの間、共働きの家庭が増え、夏祭りの準備に時間を割けなくなり、運営が難しくなり終焉を迎えてしまいました。
また、別の大きな組織でも夏祭りが催されることにもなり、致し方のないことです。
そんな中で、夫が抽選で自転車を当ててきました。
c0093377_13371777.jpg

家に持って帰って来た時は、娘と、手を叩いて喜びました。
「スゴイ! すごいね~ おとうさん!、自転車だよ! すごい~ 」 とおおはしゃぎしました。

そして、我に返った、!
(こんな大きな自転車、何処に置く?もうすでにあるし、いらんねんけど・・・)
夫もご満悦です。
「00さんが、5000円で売ってくれって言ったけど、断ったよ」
(え~ 私は、その5000円がほしいよ~) とは、 言えません。

「明日、お店に行って、防犯登録してきてくれ」
私はちっとも乗り気じゃない、原因はガレージが狭いからです。
でも当たったんだから、仕方がない、
 <26インチは大きすぎるから、替えて貰っていい?>
「また、ややこしいことを言うな~、当たったんやからこのまま乗ったらいいやないか」と言います。
<ほんなら いらん、 ガレージも一杯やし、自転車も置くとこないし。>と反撃にでます。

夫も、頭に電気が閃いたようです、
「折りたたみ自転車にしょう、車にも積めるし、少しお金を足して、交換してもらおう」
やっと、夫と折り合いがついた。
いざ、折りたたみ自転車見てみると、値段が高い、安くて2~3万する、どうせ買うなら4~5万円と・・欲が出る。
(折りたたみ買って、乗ることあるやろか? 皆無に近い、そこまでして買うのやっぱり止めよう)

結局、3000円余分に払って24インチに交換してもらってきた。
確かに、3000円では買えない自転車だけど、要る自転車ではない、
(ああ~きっとこのまま狭いところを陣取られて、お飾りになるだろうな~、古いのは愛着があって捨てきれないし~)

ピカピカの自転車見る度に当たって、良かったのか悪かったのか・・うらめしくなる。
[PR]
by kurorin77 | 2007-08-30 13:32 | 無題
<< 雲 水墨画 >>