カテゴリ:詩( 3 )

暇 暇 ダジャレ


c0093377_22231513.jpg

 < 枕の草子  清少納言>
春はあけぼの・・いや ちがった!今は夏だ。
夏はよる。
 (夏はよる。ネオンが暑苦しい)
月の頃はさらなり、
 (月の頃はさらなり、1つ、2つ、3つ? どれが月でどれが街頭なのか)
闇もなほ、
 (闇もなほ、闇は田舎に行っても無い、山の向こうの街の明かりが夜空を照らす)
ほたるの多く飛びちがひたる。
 (ホタルの多く飛びちがひたる、百貨店イベント)
また、ただひとつふたつなど、ほのかにうちひかりて行くもをかし。
 (また、ただひとつふたつのホタル呼び寄せたるに、パッカン、パッカン、ハザートの点滅が忙しくうちひかりて)
雨など降るもをかし
 (雨が降った日にゃあ、どしゃぶり続き、あらおそろしや)


                        ( 清笑 女言 )
[PR]
by kurorin77 | 2007-07-11 10:40 |

生きている限り

c0093377_21465498.jpg


         わたしは、大輪に咲く花ではないけれど・・・

               わたしは けっして華やかな花ではないけれど・・・・

                       でも 生きている限り、 輝いていたい・・・
[PR]
by kurorin77 | 2007-05-27 21:46 |

いち日

朝日に生きている喜びを感じ
c0093377_1554753.jpg


夕日に今日もありがとうと感謝した
c0093377_1591858.jpg

c0093377_15113046.jpg


真っ暗な何も見えない、闇のなかでお月様は、静かに優しく・・・まるで母から見守れているようだ。
c0093377_15162787.jpg

[PR]
by kurorin77 | 2007-05-22 15:05 |