<   2006年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

木曽の御嶽山から アルプスを望む

c0093377_1651979.jpg

木曽の御嶽山へリフトで上がるのは7合目まで、その7合目が
標高2150mの高さです、その御嶽山から見渡した景色です。
空は晴れ渡っていて、7号目からの雲海を見ることは出来ませんでした。
このアルプスを眺めていると、ついついアルプスの少女、ハイジを思い出しました。
ここでしばしアルプスを見ながら、イメージを膨らませてみませんか、ではここへ
c0093377_1639674.jpg

木曽の御嶽山は近辺一円の中心である霊峰。
ここは御嶽山7合目の位置です、この位置から御嶽山を撮ったものです
この7合目までは今は何も無い状態です、
まだ紅葉には早すぎ、高山植物も終わりごろのようで、ここから先の女人堂、一の池、二の池、三の池、剣ヶ峰の頂上などがどうも魅力的な場所のようです、
登山モデルコースがあり、剣ケ峰(頂上)コース往復5~6時間。
5池めぐりコースで往復8~10時間の目安と、記載されていました。
この御嶽山は初めてですが、昔35年前に木曽路を訪れたことがあります。
馬籠宿~妻籠宿まで歩いた記憶があり馬籠に島崎藤村記念館があります。島崎藤村の大作
[夜明け前]の冒頭から始まる”木曽はすべて山の中である~”
ほんとにその通りで、起伏の多い傾斜地で深い谷底の道を通りますが、田んぼや果樹園が見当たりません、
ガイドさんが言ってた、職人の村、商人の村、に昔は分かれていたとのことでしたが、改めて調べているのですが、  う~ん  わから~ん!
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-29 16:05 |

穂高連邦を望む 上高地

c0093377_915664.jpg

大正池からの撮影です
大正4年6月6日、焼岳の大噴火によって梓川がせきとめられてできた池。
[あしびきの高山のまに立ち枯れし木々 白々と水の中に立つ」                   斉藤茂吉
標高1500mもあるので、平地と10℃程の差があります。
大正池に降り立つと気温15℃、ジーンズのジャケットだけでは寒く、おもわず雨具を着てしまいました。
大正池、田代池、明神池の朝霧は有名ですが、残念ながら今回の行程では見ることが出来ませんでした。
梓川の澄んだ流れは私たちの心をなごませ、随所に見せてくれる美しいエメラルドグリーンの流れはまた格別なものです。
c0093377_925033.jpg

大正池~田代池~河童橋までを梓川にそったり、または湿原の中を通りながら所要時間約1時間の散策です、
道中そのエメラルドグリーンをした川辺に降り立つと思わず足が竦んでしまいました、川辺は澄みきって2~3メートル下の川床が目前にせまって見えます。また、湿原では川底に藻の1本1本がゆらゆら揺れてまるで拡大鏡で覗いているような錯覚さえします。

上高地と言えば、誰もが帝国ホテルを薦めてくれてましたので、ガイドさんお勧めのケーキセットを頂ました。 赤い屋根が自然に溶け込みロッジ風に建てられたこのホテル、誰もが認める重厚な趣き、ホッと疲れた羽を癒すような雰囲気をかもし出していました。

途中に、著書[日本アルプスの登山と探検]で日本アルプスを世界に紹介した英国宣教師ウォルター・ウェストン。の[ウエストンレリーフ]館があります が時間が無く諦めました。

3時間の有余をもらいながらも、写真撮ったり、お弁当食べたりしてましたら、たっぷり時間があるようでも、ホンのさわりだけ見たおもいです。
今度は、タップリ24時間まるごと上高地にて明神池まで足を延ばしたい、さらには、岳沢雪渓へ登りたいものです。
ホントにいいお天気に恵まれ、上高地をPM2時発車してすぐ小雨がぱらつき始めました、
お決まりの言葉で    皆さんの日頃の行いがよろしいよ~で、
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-28 09:23 |

リンクの貼り付け方:浦島太郎の歌 の場合

1)http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/urashima.html
まずはURLを選択してコピー。
c0093377_21412387.jpg


2)次に、例:「浦島太郎の歌はこちら」の「こちら」をマウスで選択。

        浦島太郎の歌はこちら

マウスで選択すると、色が反転します。
c0093377_2144954.jpg


3)そのまま、投稿画面のetc..▼の横の青いマークをクリック。リンク先URLと書かれたBOXが出てきます。
c0093377_21461553.jpg

そこにURLを貼り付ける(右クリック→貼り付け)。OKを押す。
c0093377_21485827.jpg


すると、リンク完成。下記のようになります。
投稿画面はこんなふう↓
c0093377_2151875.jpg

リンクで色が変わった下の「こちら」をクリックしてみてください。
浦島太郎のページに飛びます。
こちら

わかりましたか?また忘れたら、このページを見て思い出してください。
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-27 21:37 | 初めてのパソコン

木曽八景の景勝地

   浦島太郎伝説の[寝覚の床」です
c0093377_202789.jpg

  巨大な花崗岩からできた自然の彫刻です
c0093377_20293995.jpg

  竜宮城から帰ってきた浦島太郎は、木曽川の風景のあまりの美しさに、竜宮城の美しさを思い出し、乙姫にもらった玉手箱を開けて見たところ中から出てきた煙とともに、みるみる太郎は300歳の老人になったとさ。    浦島太郎の伝説です

  幼い頃に戻って一緒に歌いましょう、 

     浦島太郎の歌はこちら
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-27 20:25

ぼたもち と おはぎ

c0093377_21521045.jpg
[暑さ寒さも彼岸まで]とよく言いますが、彼岸と言う語源はインドが発祥地であるにもかかわらず、彼岸の行事はインドにも、中国にも無くて日本独特の行事だとか。
この忙しい世の中でせめて、気候の良い春と、秋のお彼岸の時くらいは、家族揃ってお墓参りをして、故人を偲びましょう と 仏教では説いてます。
お彼岸のお供えに、無くてはならないものが、[ぼた餅」や[おはぎ」です。
その[ぼた餅」と[おはぎ」、
春彼岸には牡丹の花をかたどって、丸く大きめに、
秋彼岸には萩の花をかたどって、小ぶりで長めに丸めて作り、
春は[ぼた餅]、秋は[おはぎ]と呼んだそうです。

1年をとうして、いろんな行事がありますが、このお彼岸にしても改めて先人達の心の豊かさに触れた思いです。

お彼岸以外にも1年中お店では、見かけます。形もさまざまです。
では、冬や夏に作ったらなんと呼んだらいいのでしょうね!

冬は 山茶花の花をかたどって、さざんかもち ?
夏は 朝顔の花をかたどって、あさがおもち ?

冬にお供えする時は、チ~ン 山茶花餅ですよ~お召しあがりください。
夏にお供えする時は、チ~ン 朝顔餅ですよ~お召しあがりください。

   なんかこれって!新鮮でいいかも !
 
皆さんも、我が家の夏、冬の、ぼた餅やおはぎに代わる名称を付けてみてはいかがでしょうか?  我が家では呼んでも、 くれぐれもお店では聞きなれない言葉を、発しませんように
ご注意ください        
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-26 21:52 | 料理

ニガウリのピクルス

c0093377_1784327.jpg
知人の庭に、プランターで日よけに、ニガウリを植えてあるのですが、まだまだ勢いがよく、
ニガウリもたくさんぶら下がっています、
黄色く色づいたのは捨てている。と聞いて  :ミックスジュースにしたら美味しいですよ!
また、 :玉ねぎのスライスと色づいたニガウリをポンズで食べると美味しいですよ!
なり過ぎて、チャンプルばかり食べられないと聞いて :ニガウリノ佃煮、掻き揚げすると美味しいですよ!
そんな話をしていましたら、また私の知らないニガウリの食べ方を教わりました、それがピクルスです
(内心、苦そう!と拒否反応が起こりました)
しかし 目からウロコです、とっても美味しい! 病み付きになりそうです
作り方
水+寿司酢を同量入れて一煮たちして
、写真の幅くらいにきったニガウリを漬ける。
月桂樹の葉を入れて冷まします。

ラッキョウ酢があれば、ニガウリに熱湯をかけてから、ラッキョウ酢にいれる。

私はこのラッキョウ酢の漬かったニガウリを頂きました。とっても美味しかったのでパパの分も
頂いてパパにも食べて貰ったところとても好評でした、

明日にでもニガウリ買って作ってみようとおもいます
カンタンな所が魅力ですね

こうゆう時ブログっていいですね!  このブログ読んでくれているお友達には、瞬時に全員にレシピも伝わるところが魅力です。
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-23 17:08 | 料理

ニワトリの異変

c0093377_2193636.jpg
珍しいキノコを見つけた日以来、
クロちゃんとただ歩くだけでなく、周りの景色を観察するようになりました。
まるで私みたいに、ひっそりと、あまりにも自然に咲いているので目にも止まらないような花々があちこちに咲き乱れていました。

そんな中で、あのスマートでハンサムな鶏君、確かに先週の土曜日までは、いたのです
でも木曜日の朝にはいつも管理事務所の周りにいるはずのニワトリがいません
その不安は当たっていました。
 金平糖のような白いキノコを見つけたすぐその横で、ニワトリの
まだ新しい羽が、羽だけが散乱していました、 この山は獣道がいく筋もあるので、私たちが
いない夜に獣達に襲われたのでしょう。
(ケッコウ! このニワトリ気が強くて、クロを見たら追いかけまわしていたのですが・・・・)

可哀相でなりません、ニワトリ君を見た時から大丈夫かな?と、夜は安全な小屋はないものかと、危惧していましたから、なおさらです。
 また小さいお子達だけでなく、大人からもニワトリ君は人気者でした。
このニワトリ、管理事務所の人の話によると誰かがこの山に捨てに来たのだろう、とおっしゃてました。 先日は犬も捨てられていましたから、・・・(この犬、人なつっこいいぬでした)

ホントに悪いのは人間です。ひよこの時は可愛い!子犬の時はかわいい!大きくなったから、
年寄りになったからとカンタンに捨てないでほしいものだす。

そういえば・・・あの森の散歩道! やけにお年寄りが多いのですが、まさか、人間も・・・・・・

                     失っつれい しました~  !

私たちも死ぬほど痛い思いをして生んだ、かわいいわが子から、捨てられないよう。
今から対策をたてましょう!
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-22 21:09 | クロとの散歩

スペアリブ 煮込み

c0093377_14581938.jpg
PM5時半 パパが帰って来ました。
疲れた顔してます、 この時登場するのが、ゴーヤジュースです、一変に元気になります。
ゴーヤの力はすごいですね~♪
ではレシピです 
  超カンタン
黄色くなったニガウリ(ゴーヤ)、バナナ、牛乳、ハチミツ又は砂糖、氷、水
これをミキサーにかけて出来上がり  
何本?何グラム?気にしない!気にしない! 適当でいいのよ~ ♪ 美味しい~

夕食のメインディッシュは、スペアリブの煮込みでした。
とても好評でしたのでオオザッパですが簡単レシピです。
作り方
 スペアリブをフライパンで焦げ目がつくまでいためる。
 スペアリブ1キロを熱湯にいれて茹でて油を抜く、 
 ある程度油がとれたらザルにあげて水で洗う
 圧力鍋でおたまにみりん2杯酒2杯醤油1杯水200CC入れて25分煮込む
 後は肉の味かげんで薄ければ醤油をたし味付けをする

普通の鍋なら少し時間がかかるかもわかりませんが、火つけっぱなしにしていたら済むことだから、手間いらずです

ゼラチンいっぱいです、 沢山食べて、しわしわになったお肌がプリプリになること請け合いです
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-21 22:52 | 料理

号外! 号外! すごい発見!お問い合わせ来たらどうしょう?

久しぶりに森の散歩道に行ってきました。
もう前置きは止めましょう、 実はスッゴイきのこ! 見つけました☆☆☆☆☆

きのこギャラリーNO-0で編集しました、さかのぼって見てください。 みなさんも初めてお目にかかると思います。
リスナーさんが全員見て下さるまで、更新しない事に決めました。
    
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-21 13:35 | クロとの散歩

きのこギャラリー NO-0  (森の散歩道より)

c0093377_13574514.jpgc0093377_14313167.jpg















シロオニタケ(食用不適)
まじで、なんて説明していいのか! オーマイ ガーット!

c0093377_14373598.jpgc0093377_14382961.jpg












                            

                       カワラタケ(毒、薬用)
せっかくデジカメ持っていたのに、デジカメにも撮ってくればよかったとくやまれてなりません
[PR]
by kurorin77 | 2006-09-18 20:01 | クロとの散歩