<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

水墨画

c0093377_20441923.jpg生徒さんがどんどん増えて、教室は満杯になりましたが、まだ1日体験に来られます。
なぜかここの教室は人気があり、1日体験に来られる方が後をたちません。

10時半から12時半までその間、先生が今日のお題を説明して、お手本を見せてくださいます。
現在20人の生徒さん、その後一人一人の生徒さんが描いた水墨画の指導をしてもらうわけですが、生徒さん20人分を見てもらうのに、最後になった私はあぶれてしまいました。

先週、指導して貰うはずだった水墨画、明日はあぶれませんように・・・・祈りましょう  アーメン
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-06 20:44 | カルチャー

クロの目線

c0093377_191181.jpg今日は山歩き過ぎて少々お疲れ気味。












c0093377_194569.jpgc0093377_1945555.jpg














c0093377_1961576.jpgクロちゃんから見たお散歩道どんな風に見えているんだろう!と思い、クロちゃんの目線から写真を撮って見ました
写真手前の黒いのは、クロちゃんの頭です
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-05 19:01 | クロとの散歩

マーマレード

c0093377_1691567.jpg橙を戴いたので、マーマレードを作ることにしました。
私の作り方。
橙15個、白砂糖1キロ
圧力鍋で強火で1分茹でて、後は弱火で5分茹でます。(橙丸ごと)
冷ましたら、新しい水に24時間浸けてアクを出します。
15個の橙を取り出して、輪切りにしてお砂糖1キロを入れてことこと煮ます。
橙の皮が結構堅いので、去年は普通の鍋でしたので、茹でるのに3~4時間くらい掛かったような気がします。
その点、圧力鍋は優れもの、アッというまに皮が柔らかくなります 。

後はひたすら混ぜて水分を飛ばしながら、丁度いい按配になったら火を止めます。
甘くしたい人は、もっと砂糖を入れてもいいし、味は自由自在、そこが手作りの良さですね、
皮にくっついているワタを取っていないので、少し苦味がありますが、アッサリ仕上げにしたので、そのまま食べたり、ホットオレンジにしたり、パウンドケーキに入れたりと、使う用途はいくらでもあるのが嬉しい、くせに成る味です。

そうそう!ゆで汁は、捨てずに拭き掃除に使うと、ホワ~ンと橙のいい匂いがします。
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-04 16:10 | 料理

網野の雪

、2月1日12時半
昨日から大寒気が来ると天気予報、しかし温度は上がらなかったけどいいお天気でした。
おおさか8度、山陰4度の予報に、随分着込んで直行バスにのる。c0093377_21254310.jpgバスの中は外からのお日様で暑いくらい、時々近畿も雪になるかもと言っていたが、・・・そんな気配もない












c0093377_2130141.jpgトイレ休憩で降りたパーキングエリアは、何故か閑散としてた。
彼女が<五平餅食べたい>と言う、
この閑散とした空気にいやな予感、 
予感的中です、 見た目はきれいでしたが、裏をひっくり返したら焦げて真っ黒で食べられませんでした。 (金かえせー!)  失礼 ホホホ・・・





大阪梅田を出てトイレ休憩2回して丹後半島の網野に5時半着、
道中網野に着くまで雪も無く、積もってもいませんでしたが、網野の宿に着いてから、雪が降り出しました。
c0093377_2204629.jpgパラパラと大きなアラレでした。写真の丸いのが小さいのや大きいのもそのまま落ちてきた物です











c0093377_22193091.jpgその夜中、風がビュウビュウ ゴウゴウ ゴロゴロと恐ろしい程の唸りでしたが、宿のご主人が言うには、
<海水は5度位から下がらないが上空では氷点下になるので、海水が蒸発した時の温度差がぶつかり合って雷が発生する>との説明を受けました。

冬になると毎夜この荒れ狂ったような潮風の音や雷の音を聞いて生活してはるんやなあ~
と思うのは私だけかも知れない、 
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-02 23:25 |

網野の宿

某雑誌の記事に宿の口コミランキング1位、ネットで調べて1月から3月まで満室状態の宿、1月31、2月1~2日が一部屋空いてた、2月1日の予約が今日の日を迎えた。

一日に9組だけの宿泊客、こじんまりとした宿でした。
此処の宿何処かで見たことがあると思っていましたら、
NHKの桜井洋子や京都テレビ、また女優の根本りつ子の<00スペシャル グルメ大特集>でも紹介されておりました。
 またイマちゃんとヒガシノのお笑いコンビのサインも飾ってありました。

お風呂はかけ流しで、露天風呂もありました、熱くも無く、ぬるくも無く、お風呂もこじんまりでしたが、お客さんも居なくて、母子の貸切状態でゆったりはいる事ができました。

c0093377_10224593.jpg夜の食事ノコースは、蟹刺しから始まり、カニ、カニ ヵニ

朝食は
生卵、のり、ゴボウサラダ、カニ甲羅焼き、等・・・・ごはんはセルフ、 お釜みたら少ししか入ってない、
玉子かけご飯したら御代わりしたくなった、二人でお代わりしたら後の人の御代わりがなくなりそう! 
 
ついに何人目かの人で、ご飯が無くなった。 次にきたお釜だけは大きかった。

此処の宿なぜかご飯はケチっている、昨日も最後に<そのままご飯でもいいし、おじやで食べてもいいですよ>と言いながら御櫃をみると、お茶碗一杯半しかない、だから皆おじやにして食べた、(しかしながら、宿の女将さん、人の腹具合をお見通しされていた、無駄にすることも無くご飯もピッタリだった。)  でも 戦時中生まれ(うそ!)のおばさんはご飯はタップリないと寂しい・・・・

帰りにカニ2杯は娘に送り、宿からは500ミリリットルの温泉水と温泉玉子1個づつもらって記念写真をとり、宿をあとにした。
c0093377_0284248.jpg待っててくださったバスに乗り、網野の鞄製造会社にバッグを見に行く。(実際は連れて行かされる)











c0093377_0362548.jpg












c0093377_11024.jpg
伝統竹製品、買いたいバック見当たらず、すぐにバスに戻る、
c0093377_0441883.jpg
道中綿雪がどんどん降る、
c0093377_056229.jpg

雪に夢中になり、車窓から写真を撮る、今年初めて見る雪です、何故か雪を見ると、犬で例えるなら、嬉しくてしっぽブンブンに振り回してる状態です。
c0093377_143033.jpg
出石市にてお蕎麦の昼食を済ませた頃には本格的な綿雪が降り、道はシャーベット状です、

宿のご主人も言ってましたが、海の側の雪はべた雪が多くて積もっても道路が固まることは無いそうです、が・・・追突事故1件、田んぼに墜落1件みかけました。
 
そんなこんなで1泊2日の旅も無事大阪に4時半に帰りつくことが出来ました。
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-02 23:18 |