瑞光院

c0093377_19303879.jpg宇治黄檗の瑞光院です
右の石碑に<玉青苑>と刻んでありますが、ここは日本画の巨匠直原玉青画伯の水墨画が全部襖に描かれているところなのです、それどころか天上にも、竜が描かれているのです。
今日は普茶料理と襖絵を見るのが目的で伺いました
門の処に集まっているのは、水禽窟の音色を聞く順番待ちをしているところです









c0093377_1935627.jpg水禽窟
門を入るとすぐに、水禽窟がありました。
細長~い棒は柄杓です、あの柄杓で水を汲み2本の丸い竹筒の先にある石に水を掛けます。
庭石から滴り落ちる水の音を、2本の丸い竹筒に耳を当てて心静かにその音色を楽しみます。
水を掛ける人、その音を聞く人と2人いる訳ですが、(なんか面白かったけど、私が水を掛ける人にたまたまなってしまい、いつまで掛けたら私の番になるねん と 思いつつ掛け続けました。やっと聞けた時は最後でありました)
今まで聞いた音のキンキロリ~ンとは異なり、ジョンジョロリ~ン でした。 竹筒で聞いたのも初めての体験でした。






c0093377_19404238.jpg庭園
大きな池に大小の石、滝などが配置されどこから見ても美しい山水苑です。
[PR]
by kurorin77 | 2006-11-26 19:30 |
<< 日本画の巨匠 直原玉青画伯の襖絵 普茶料理 >>