網野の宿

某雑誌の記事に宿の口コミランキング1位、ネットで調べて1月から3月まで満室状態の宿、1月31、2月1~2日が一部屋空いてた、2月1日の予約が今日の日を迎えた。

一日に9組だけの宿泊客、こじんまりとした宿でした。
此処の宿何処かで見たことがあると思っていましたら、
NHKの桜井洋子や京都テレビ、また女優の根本りつ子の<00スペシャル グルメ大特集>でも紹介されておりました。
 またイマちゃんとヒガシノのお笑いコンビのサインも飾ってありました。

お風呂はかけ流しで、露天風呂もありました、熱くも無く、ぬるくも無く、お風呂もこじんまりでしたが、お客さんも居なくて、母子の貸切状態でゆったりはいる事ができました。

c0093377_10224593.jpg夜の食事ノコースは、蟹刺しから始まり、カニ、カニ ヵニ

朝食は
生卵、のり、ゴボウサラダ、カニ甲羅焼き、等・・・・ごはんはセルフ、 お釜みたら少ししか入ってない、
玉子かけご飯したら御代わりしたくなった、二人でお代わりしたら後の人の御代わりがなくなりそう! 
 
ついに何人目かの人で、ご飯が無くなった。 次にきたお釜だけは大きかった。

此処の宿なぜかご飯はケチっている、昨日も最後に<そのままご飯でもいいし、おじやで食べてもいいですよ>と言いながら御櫃をみると、お茶碗一杯半しかない、だから皆おじやにして食べた、(しかしながら、宿の女将さん、人の腹具合をお見通しされていた、無駄にすることも無くご飯もピッタリだった。)  でも 戦時中生まれ(うそ!)のおばさんはご飯はタップリないと寂しい・・・・

帰りにカニ2杯は娘に送り、宿からは500ミリリットルの温泉水と温泉玉子1個づつもらって記念写真をとり、宿をあとにした。
c0093377_0284248.jpg待っててくださったバスに乗り、網野の鞄製造会社にバッグを見に行く。(実際は連れて行かされる)











c0093377_0362548.jpg












c0093377_11024.jpg
伝統竹製品、買いたいバック見当たらず、すぐにバスに戻る、
c0093377_0441883.jpg
道中綿雪がどんどん降る、
c0093377_056229.jpg

雪に夢中になり、車窓から写真を撮る、今年初めて見る雪です、何故か雪を見ると、犬で例えるなら、嬉しくてしっぽブンブンに振り回してる状態です。
c0093377_143033.jpg
出石市にてお蕎麦の昼食を済ませた頃には本格的な綿雪が降り、道はシャーベット状です、

宿のご主人も言ってましたが、海の側の雪はべた雪が多くて積もっても道路が固まることは無いそうです、が・・・追突事故1件、田んぼに墜落1件みかけました。
 
そんなこんなで1泊2日の旅も無事大阪に4時半に帰りつくことが出来ました。
[PR]
by kurorin77 | 2007-02-02 23:18 |
<< 網野の雪 墨彩画 >>